病院長挨拶
地域医療連携
外来のご案内
外来診療担当医
休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
バリアフリー情報
診療実績・臨床指標
学術活動
調達情報
情報公開
船橋中央病院地域協議会
地域の方への研修
個人情報保護方針

手術部

手術室で取り扱う手術の件数は1年間で約2300件であり、その内局所麻酔が約1400件、全身麻酔が約900件を占めます。これらの症例の全例にモニター監視を行い、全身麻酔は執刀医ではなく麻酔科医が必ず麻酔管理を行って患者の安全を確保するように努めています。

看護師約20名が手術予定の患者のほぼ全例を術前訪問し、手術看護の説明の他、既往疾患、治療歴をチェックし、さらに患者様の個別の希望にもできるだけ応じるように努めています。

全身麻酔ではさらに麻酔科医による術前診察、麻酔の説明も行われます。主な術式や対象疾患は各科の案内を見ていた だくことにして、主な特徴のみ挙げておきます。最近広く行われている鏡視下手術(腹腔鏡下手術、胸腔鏡下手術、関節鏡下手術、膀胱鏡下手術など)は機械を そろえて、ほぼ全て対応できるようにしています。他に回収式自己血輸血装置を用いて同種血輸血(他家血輸血)の量の削減に努めたり腹腔内灌流装置を用いる 腹腔内温熱灌流療法を施行できるようにしています。これらの特殊な機械も含めて主な機械類の保守点検と操作は専属のメディカルエンジニア2名が行ってお り、機械が故障しないよう万全の体勢をとっています。

手術室では常に侵襲の大きな治療を患者様に行う場所であることを念頭に置き、万が一にも置き忘れ事故などの発生しないように努力しております。同時に大変な経験をなさる患者様の苦痛が少しでも和らぐように親身で心優しい対応を心掛けております。


手術部 手術部
PageTop