病院長挨拶
地域医療連携
外来のご案内
外来診療担当医
休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
バリアフリー情報
診療実績・臨床指標
学術活動
調達情報
情報公開
船橋中央病院地域協議会
地域の方への研修
個人情報保護方針

放射線部

スタッフ 部長(医師)・診療放射線技師・事務員
業務内容 各診療科の依頼に応じて各種撮影、検査、治療及び健診業務を行っています。

診療部門 【業務と保有装置】

一般撮影

胸部、腹部、脊椎、四肢骨などのいわゆるレントゲン撮影は殆どをCR(Computed Radiography)で撮影しています。

CT

X線管球が体の周囲を回転しながら扇状にX線を出し、検出器が受けた信号をコンピューターが、体を輪切りにした断面の画像(断層像)として作ります。三次元画像の作成も可能です。

MRI

強い磁石と電波を使って、色々な角度から体の断面の写真を撮影します。放射線は使いませんが、強い磁場のため体内に金属がある方や、ペースメーカーをお使いの方は検査を受けられないことがありますので医師に相談して下さい。

RI検査

核医学検査です。ガンマ線を放出する放射性同位元素(Radio Isotope)を少量注射して、寝台に横になっている間に、ガンマカメラが体内からのガンマ線を検出して画像(シンチグラム)にする検査です。

乳房撮影

専用のX線管球から発生する軟X線と専用フィルムで、高精度の乳房X線写真を撮ります。

骨密度測定

骨の量を測定し、骨粗しょう症の診断に用います。X線方式で精度の高い検査が可能です。

結石破砕

衝撃波を利用して主に腎、尿管の結石を砕き、排出しやすくする方法です。泌尿器科にご相談して下さい。

放射線治療

ライナックという高エネルギーのX線と電子線を発生させる装置を用いて、腫瘍等の治療を行います。

断層撮影

従来の断層撮影をする装置です。CT、MRIが普及して使用は減りましたが利用価値は十分あります。多軌道撮影ができ、部位に応じた選択が可能です。

パントモ撮影

歯列や顎全体の断層写真を撮ります。

X線テレビ

胃や腸のバリウム検査をはじめ、幅広く各種透視撮影検査に用います。

泌尿器撮影

主に腎、尿管、膀胱などの造影撮影です。

その他

  • ポータブル撮影装置:病室や手術室で、動けない方の撮影を行います。それぞれ専用装置を用います。
  • 外科用イメージ装置:手術室で透視や撮影に使用します。
PageTop