病院長挨拶
地域医療連携
外来のご案内
外来診療担当医
休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
船橋中央病院地域協議会
学術活動
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
診療実績・臨床指標
個人情報保護方針

病院長挨拶

院長
船橋中央病院院長の横須賀と申します。

当院は昭和24年6月13日社会保険船橋中央病院として、内科・外科・放射線科の3科、20床の病院として、千葉県社会保険協会が国からの経営委託を受け、開設されました。その後、幾多の増改築・増床を経て、また健康管理センター、周産期センター、内視鏡センター、インプラントセンターと各種のセンターを併設して、まさしく地域の中核病院として、地域医療に貢献し、今日の18科、464床の病院に発展して参りました。 更に、平成11年には、看護専門学校を併設し、多くの卒業生が、看護師として活躍してくれております。

平成26年4月1日からは、社会保険病院は、全国の厚生年金病院、船員保険病院と再編し、独立行政法人地域医療機能推進機構(Japan Community Health care Organization-JCHO)と言う公設公営の病院グループの一員となりました。それに伴って、当院の病院名は独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)船橋中央病院となっております。JCHOの使命は“地域医療、地域包括ケアの要として、高齢化社会の多様なニーズに応えて、住民の方々の生活を支える”というものであります。

当院の理念は以前と変わらず、
・倫理と職能の追及(正しい医療)
・良質の医療の提供(良い医療)
・誠心誠意な接遇(優しい医療)
というものであります。

これからの高齢化社会は待ったなしに大きな医療の変革を迫るものであります。本院はこれまで提供してきた各科の専門的医療に加えて、今後は、より一層公的性格を増し、コミュニティの保健・医療・福祉の面で参画していく所存です。そのために総合診療・救急・訪問看護に力を入れ、プライマリーケアと退院後の在宅ケアの充実を図り、地域医療、地域包括ケアの中心としての役割を果たしていきたいと思っています。
そのためにも、新病棟の建設を行い、先進の医療機器を導入し、診療体制の整備を予定しております。

患者さんを初めとする地域住民の方々のために、市や県の行政・消防局・警察、また地域周辺の病院・診療所などの医療機関、医師会・歯科医師会・薬剤師会と密接に連携しつつ、地域医療、地域包括ケアの要として、JCHOの使命を果たしていけるよう、職員一同鋭意努力をしていく所存であります。

これからも、どうぞ宜しくご支援・ご指導をお願いいたします。

船橋中央病院院長 横須賀 收

PageTop