学校長挨拶
交通のご案内
お問い合わせ先
船橋中央病院
地域医療機能推進機構(JCHO)のご紹介
個人情報保護方針

学校長挨拶

image_OY_portrait.png
 独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)船橋中央病院附属看護専門学校は、平成11年4月に、旧社会保険庁によって設立され、開校した学校です。当時、日本有数のハイレベルな看護教育施設として建設されたと伺っています。そして、母体である船橋中央病院が地域医療機能推進機構(JCHO)という独立行政法人化することに伴い、平成26年4月に独立行政法人(JCHO)船橋中央病院附属看護専門学校と名称が変更となりました。
 本看護学校の理念は、「保健・医療・福祉の担い手としての社会的使命を基盤に、人間の生命と人格を尊重できる豊かな人間性を兼ね備え、英知と実践力を有する看護の専門的職業人を育成すること」であります。
 本校に入学を希望された方々は、病める人、高齢者のような弱者に対して、癒したい・支えたい・慰めたいという人間性豊かなお気持ちでおられると思います。しかしながら、看護という仕事は、思いやりと優しさという気持ちばかりでなく、さらに専門的知識・技術を学ぶことによって、はじめて可能になるものであります。使命感や気持ちのみでなく、確固たる看護技術を身に着けることが大切であります。看護師の仕事は近年、医学・医療の進歩に伴いますます専門化・高度化しております。また、近年の高齢社会の到来により、また社会環境の変化とともに、看護師に対する要請は多様化し、活躍する場がますます広くなってきております。本校にはそのような技量を有する看護師になっていただくための基盤が整備されております。まずは、ハード面では教室、実習室、図書室、講堂、体育館などの設備は非常に整っていると自負しています。また、多数のパソコンを初めとする教育用IT機器も充実し、また学生寮も完備しています。また、ソフト面でも、熱い情熱と高い教育能力をもった教職員および豊かな経験と知識をもった実習病院看護科長などが揃っており、きっと皆さんのご希望に応えられる看護教育ができるものと思います。
 皆さんが、本校に入学され、楽しく、意義ある学生生活を送って、良い看護師になれるように、私達は最大限のバックアップをしていきたいと思っていますし、そのことが私達の最大の責務であると思っています。是非、社会の要請に応えられるような、また患者さんのために貢献できるような良い看護師になっていただけるよう、学んでいただきたいと思っています。

独立行政法人地域医療機能推進機構船橋中央病院附属看護専門学校長
独立行政法人地域医療機能推進機構船橋中央病院長
横須賀 收

PageTop