病院長挨拶
外来のご案内
外来診療担当医
休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
バリアフリー情報
診療実績・臨床指標
学術活動
調達情報
情報公開
船橋中央病院地域協議会
地域の方への研修
個人情報保護方針
病院総合医育成プログラム

患者様からの投書(H30年度)

患者様からの投書 2018年5月

病院の最前線、ソフトパワーである看護師の皆様の心温まる対応に感動し、一言書かせて頂きました。自分の入院を通して、人の命を預かる現場は、かくあるべしと理解できました。心のこもった優しい対応。皆様の会話や動作から、常に患者の目線で考え、行動していることが十分に感じられました。スタッフ同士の声掛けに安心しました。ありがとうございました。
 そして、内科の○○先生、詳しく、丁寧な説明、本当にありがとうございました。皆様の力が患者の健康と命をサポートしています。病院のさらなる発展を祈念致します。

患者様からの投書 2018年6月

 新聞記事で、「命」に関わる問題と思われますので失礼とは思いますが申し上げます。素人からみましても画像診断でなぜ複数の方々で確認しなかったのでしょうか。遺族としてはたまらないでしょう。専門職や一般職でも自信が慢心と緊張感の無くなる事が重なり、そこに大きな落とし穴が潜み事件にまで発展することが、世の中に多く見られております。
私は、3月末に中央病院に救急車で入院しました。MRI検査など様々な検査を行い、担当医より画像を指さし、画像撮影担当の診断も合わせて納得のいく説明をして下さいました。先生は血液が専門のため、脳外科は○○センターへ紹介されました。担当医の2つの目でなく、MRIの先生の目、更に○○センターの目、合計6つの目で確認してもらいました。複数の先生方の診断の一致がミスを防げる方法と思いました。
 私は今90歳。この中央病院に通院し、皆さんに接して温かい言葉で会話できる事で、寿命が大分伸びそうです。ありがとうございます。

患者様からの投書 2018年8月

 私はこの病院で初めて「優しい、親身になってくれる地域医療」に出会いました。今まで過去2回大病し大学病院で手術、治療しその過程でセカンドオピニオンも含めると何十人もの先生と接してきました。しかし、その度に「心ない言葉」「ガイドラインの話」また、不安をあおりたてられることばかりで心が病んでしまう事ばかりでした。しかし内科の○○先生と、外科の○○先生のスピーディな連携で、私は心身共に救われました。分かりやすい説明、質問しなくても、こちらが聞きたいことを察して話して下さる、優しい思いやりのある対応、とても人間らしく地域に密着して、良くしてあげようという気持ちが伝わり、何より信頼でき安心できました。家族も私も救われました。診察、検査、手術を終えた今、感謝の気持ちでいっぱいです。建物やネームバリューではなく「人」が肝心なのだと実感しています。近くにこんなにいい病院があって心強いです。

患者様からの投書 2019年1月

産科病棟のスタッフの皆様、出産、入院の間、いろいろとありがとうございました。母乳が出ず娘も上手く飲めず、四苦八苦している中、たくさんのアドバイスや励ましの言葉をいただき、お互い少しずつ慣れていくことができました。また、母子同室にもかかわらず「辛かったらお預かりします」と言っていただいたことで、心が休まりました。これからも新米ママとして頑張っていきたいと思います。皆様もこれまで以上にその笑顔でたくさんの妊産婦さんを支えご活躍することを願っています。

6月に入院してから退院後も外来でお世話になりました。いつも丁寧なリハビリをしていただいてありがとうございます。痛みのある時心身共に癒していただきました。マニュアル通りではなく、その人の状態に合わせて治療して下さって満足しました。
PageTop